年間行事

子どもたちが季節の行事や伝統行事を経験し、また社会的な体験ができるよう、武田塾では様々な年間行事があります。

1月 元旦祝賀会 正月のお出かけ 柏原市一日里親デー
2月 節分 冬のレクレーション 高校3年生卒業旅行
3月 ひなまつり 消防署との合同避難訓練 退塾式
5月 端午の節句 ゴールデンウイークのお出かけ
7月 七夕 納涼祭
8月 大掃除 朽木キャンプ 交歓ソフトボール大会
9月 柏原ロータリークラブ招待 ぶどう狩り招待
10月 幼児グループ体験旅行
11月 創立記念日 七五三招待 秋のレクレーション 柏原ふれあい広場出店
12月 未来っ子カーニバル招待 クリスマス会 大掃除

納涼祭

毎年7月に開催する納涼祭は、武田塾の高校生の実行委員会が企画から運営まで行っています。ボランティアにも協力いただき、かき氷やからあげ、ゲームなどの店を出店。地域の方や高井田苑の利用者も参加されて、ともに夏の夕べを楽しんでいます。

クラブ活動

子どもたちがチャレンジできる環境づくり、機会づくりのため、格闘技とフットサルのクラブ活動をしています。
クラブ活動は目標を持ち、向上したいという気持ちを育てます。クラブ活動の中で、大人と一緒に考え、自分で選び、主体的に取り組む機会は多くあります。その経験を通して自信をつけ、自尊心を回復できるよう願っています。

武田拳闘部

小学生から高校生までの希望者が、週3日地域交流ホールで練習しています。空手経験者の職員が指導しています。
外部の大会に参加する子どももいます。

フットサル部

5対5でプレーする、サッカーに似た球技「フットサル」のクラブです。小学1年生~6年生までの児童が週1日グランドで練習しています。学習支援ボランティアの学生さんが、一緒に汗を流してくださっています。トウヨウ工業の選手として活躍された二村昭雄さんらのフットサルチームNSPの練習にも月1回程度参加させていただいており、毎年10~11月にNSPのご協力でフットサル大会を行います。府内児童養護施設のフットサル大会では、大阪府代表チームとして近畿大会に出場したこともあります。

インターンシップ

高校生の子どもを対象に、進路選択に役立つよう地域の企業でインターンシップ受け入れをしていただいています。「働く体験」が、施設を出たあとの不安感を軽減し、職場の仲間とともに働き成長するというイメージにつながればと考えています。