地域生活支援センターさんねっとは、大阪府・柏原市からの指定を受け、
1.相談支援事業
  ・指定特定相談支援サービス、障害児相談支援サービス
  ・柏原市障害者相談支援事業
  ・地域移行支援、地域定着支援
2.大阪府障がい児等療育支援事業
を受託しています。
障害児者や、その家族が、住み慣れた地域で安心して豊かに暮らすことができるように生活全般の相談を受けています。

  • さんねっとカレンダー(PDF)
  • さんねっとでは、「じゃむの会」「さえらの会」「わおんの会」のボランティアを随時募集しています。関心のある方は、さんねっとまでお問い合わせください。

地域生活支援センターさんねっとの概要

事業開始 2003年(平成15年)10月1日
地域療育等支援事業開始
2006年(平成18年)10月1日
自立支援法施行に基づき、相談支援事業開始

地域生活支援センターさんねっとの事業

相談支援事業

障害がある方の仕事のこと・暮らしのこと・発達のこと・制度の内容のこと・わからないことなどについて、一緒に話し、考えます。
各種相談は無料です。プライバシー・秘密は厳守します。

本人の会「じゃむの会」

18歳以上の方が参加できる「本人の会」です。お話をしたり、外出したり、仲間と一緒に楽しみます。

サロン「さえらの会」

さんねっとを「サロン」として開放します。サロンの時間を仲間と過ごせる方なら、小学生から参加できます。料理・手芸・工作などをすることもあります。

集団療育事業「わおんの会」

音楽療法を基本とした療育指導・生活訓練等を、専門家の指導により小集団で行います。

大阪府障がい児等療育支援事業

児童デイサービス事業者、障がい児通園事業実施施設、保育所、幼稚園、学校等の職員に対し、在宅障がい児(者)の療育に関する指導を実施しています。
費用は無料です。